★4月23日 ねこきり初級講座③ in Rukitemple

大好評のこの講座

次回は③日本神話の宇宙観と神様のお話Ⅱです

日本にはたくさんの神様がいるのだけど、まず古事記の”上つ巻”をざ~っと語って頂きます

古事記は古語(やまと言葉)で書かれているので、読むのは一苦労です

でも、何度か読んでいくうちに内容がおぼろげながら理解できたり

さらに”やまとことばってなんて美しいのだろ~”と感動を覚え始めます

私たち日本人の血・遺伝子が反応するような感覚です

古事記の上つ巻には、高天野原の神様・イザナギとイザナミの国生み伝説~神武天皇即位

までの物語です

たくさんの神々が登場して、国土を生み・人を生み・人の社会を生んでいきます

私たち日本人は”神の子”です。ですから、み~んな神様なのです

神社には、真正面に”鏡”が置いてあります

神様へお参りするとき、その”鏡”にうつるのは”自分の顔”なのです

古事記には、神祭りの原点なる神話やお相撲のもとになる物語などなど

いま現在まで継承されているものがたくさんあることに気が付きます

私たち、日本人のルーツなのかもしれません

自分のルーツを知る・・とても大切なことだと私は感じています

それはこの母なる大地と繋がり

大自然の中に生きる私たちの根っこにあたる部分だからです

だから、この講座を受けて頂いたみなさん

”へ~初めて知った!!”と口をそろえて言い、その目はキラキラ輝いています

ご興味のある方は、是非お越しください

【 ねこきり初級講座③日本神話の宇宙観と神様のお話Ⅱ 】

*日程 4月23日 (木) 11:00~

*費用 ¥7980

*持ってきていただくもの 筆記用具・昼食